• 刺青を消す人の理由とは

    その時は自分を表現できるアイテムのひとつのように感じるタトゥーですが、いずれ刺青と変わってしまい、そして消す選択をする人が多いです。

    ファッション感覚だったタトゥーが刺青という認識に変わってしまうのは日本の社会性にあります。
    どんなに海外ではファッション感覚だとしても、日本では刺青に過ぎず、最終的に円滑な生活をしたいのであれば、それを消すことを選択しなければならなくなります。

    入っているだけで社会性がない人と見られてしまうのが日本です。非合法の組織に入っている、もしくは常識が通じない人と見られることが多くなります。
    そのようなことは偏見になりますが、それでも余計なトラブルを避けたいのが刺青です。

    余計なトラブルを生むものこそがタトゥーになり、それを避ける人が多くなることで、入れている人が消す選択をすることになります。



    また入れていた人は、次の苦しみを味わう可能性があります。


    それは入れていた過去があることです。
    消すと言ってもそう綺麗に消えるわけではなく、タトゥーの種類によっては痕が残ってしまうこともあります。
    タトゥーがあることを無くしたいのに、その過去があったことが発覚してしまうのも、同等の疎外感を受けることになるでしょう。



    このような事情があることで、タトゥーが刺青の認識に変わり、消すことを検討する人が圧倒的に多いです。

    本来であれば入れる前にそのようなことを知っておくべきですが、まだまだ教育が追い付いていない現状が日本にはあります。