• タトゥー除去で失敗しない為に

    若い頃に入れたものの、数年後タトゥー除去を考える人が増えています。


    日本では今でもタトゥーは入れ墨と同じような認識で公共施設の利用が制限される等理由は様々です。

    タトゥー除去の際、失敗したと感じる方もいるのですが失敗しない方法とどうしてそのように感じるのかを考えてみましょう。
    まずタトゥー除去は様々な方法があります。

    1回あたりの費用も安く気軽にできるので人気が高いのがレーザーによる除去です。



    ただレーザーは明るい色に万能が弱く明るい色は消えずに残ってしまいます。

    きちんと理解せずにレーザーを選ばれた方は、最終的な仕上がりに納得がいかずに失敗したと感じるようです。
    そして1回あたりは安いですが、回数を重ねる事でトータルの費用が高くなる場合もあると頭に入れておきましょう。そして切除手術の場合確実に柄を無くす事が可能なのですが、サイズが大きすぎる場合には複数回に分けて行う必要がありますし、皮膚状態が良くない場合切除する事が出来なくなる事もあります。



    そして切除の傷跡は必ず残る事になります。

    そのような事はきちんと理解しておきましょう。皮膚を薄く削ぎとる方法もありますが、この方法は医師の腕により仕上がりに差が出やすい方法でもあります。



    この方法を選ぶ場合は、傷跡が残る事を理解して経験豊富な医師にお願いするのがお薦めです。

    タトゥー除去で失敗しない為には、それぞれの方法を選んだ場合のメリットとデメリットをきちんと理解しておく事が大切です。