• レーザーで刺青を消すことの利点

    • 就職や結婚、公共施設などの状況に不利になるので刺青を除去しようとする人は多く現在では様々な手段で肌にペイントされた模様を消すことができます。

      レーザー治療もその中の一つであり、紺や黒などの色素に反応するレーザーを使用し消したい部分を焼失させ色素分解をして体外へ放出させるのが主な治療内容です。
      この施術方法は刺青の除去の中では切除治療と並ぶ、大半の手段としての医療機関での治療で用いられてます。刺青を消すためには約2から3ヶ月に一度レーザーを照射し、平均でおよそ5回から10回ほどの施術が必要になります。



      治療期間は1年ほど必要になりますが、傷跡が残りにくく痛みも少ないというメリットがあります。
      黒色や紺色、茶色といったカラーリングが得意である他、ファッション性に富んだもの、墨汁を使用したタトゥーを消すのにもレーザー治療は向いていると言われます。
      特定の色にレーザーが反応すること、皮膚の浅い場所が色素沈着に有効的というのが理由です。しかしレーザーには青や緑などの色は反応しにくい性質があり、このタイプの配色のタトゥーの除去は難しいとされます。


      医療機関で使用されるレーザーには、ヤグレーザー、ピコレーザー、ルビーレーザーなどの種類があります。特に真ん中のピコレーザーは比較的最新の機器であり、今まで苦手としてきた青、緑や紫のカラーリングに反応することが可能です。



      なので刺青を消すためのリスクが数十年前と比べて緩和出来ましたが、基本的にはタトゥーを入れないことが将来のためにも大切と言えます。



  • わかりやすい情報

    • 刺青を消す人の理由とは

      その時は自分を表現できるアイテムのひとつのように感じるタトゥーですが、いずれ刺青と変わってしまい、そして消す選択をする人が多いです。ファッション感覚だったタトゥーが刺青という認識に変わってしまうのは日本の社会性にあります。...

  • 情報分析

    • 失敗もあるタトゥー除去手術

      タトゥー除去の手術では、失敗も起こりうる可能性があります。中でも、一番行われているレーザーでの除去手術は、一番トラブルが多く悩む方も増えています。...

  • 知っておきたい常識・納得の真実

    • タトゥー除去で失敗しない為に

      若い頃に入れたものの、数年後タトゥー除去を考える人が増えています。日本では今でもタトゥーは入れ墨と同じような認識で公共施設の利用が制限される等理由は様々です。...

    • タトゥー除去の失敗原因

      ファッション感覚でタトゥーを入れる人は多いものの、現在の日本では「ファッションとしての入れ墨」が広く受け入れられているわけではありません。最近では外国人観光客の影響もあり温泉などで「入れ墨の方入浴お断り」の看板を見かけることは少なくなりましたが、大阪市議会で入れ墨が問題になるなど依然として不快に思う人はいるようです。...